アポロン&アルテミス™️

 

forget-me-not-4835705_1920.jpg

 

アポロン&アルテミス™

 

ギリシャ神話でもよく知られる男女の神、アポロンとアルテミス。もともとはギリシャという限定された地域の神ではなく、その周辺のかなり広い地域において古くから崇拝されてきた存在が、神話(の神)としてギリシャ文明に取り込まれたことで、広く知られるようになったと言います。

 

 

このワークの『アポロン&アルテミス™』はそうした神話上のアポロン&アルテミスというよりも、ギリシャ文明に取り込まれていく遥か以前、世界を支えるシステムを守るという役割を果たしていた、ある存在たちのエナジーが主体となったワークです。

 

 

 男性性エネルギーと女性性エネルギーの最適なバランス_例えば対等なパートナーシップなど_のため、ハートや思考、意識にも働きかけて必要なクリアリングと活性を行います。

 

 

かつて・・地球が現在とは異なりまだ“半物質”の状態だった時代、高次自然界の聖域・特別区だったというアヴァロンには、癒やしと叡智の源であり世界を繋ぐ「ソフィア・ネットワーク」というものがあり、エルフ族たちによって守り支えられていました。エルフは同じソース(源)を持つ男女の双子、それもツインソウルとして生を受けるのが特徴で、ソフィアを始めとする高次自然界のために働いていました。

 

 

更に時代を遡ると、“文明の管理者”または“文明の主”として、その時代の人類に神のように受け止められていた「エル」という存在たちがいました。彼らは男女の区別のない中性存在でしたが、時代を下り、変化していく地球の状況に合わせて2つの性へと分かれることとなった時、新たな在り方として生まれたのが上記のような男女の性を持つエルフ族であり、そうしたエルフの男性性の集合エネルギーを「アポロン」、女性性の集合エネルギーを「アルテミス」と呼んでいます。

 

 

 

『アポロン&アルテミス™』は、そのようなアポロンとアルテミスの2種類のエネルギーによって、現実面やエネルギー領域における発信と受信(出力と入力)など、表現や創造にも欠かせない“対となる要素”のバランスの調整と、関連するチャクラやライトボディの浄化、活性が行われることで、健全で対等な人間関係の構築や創造活動を行っていくための土台の部分を整えていきます。

 

 

エネルギーの特徴としては、清々しく爽やかな感触が印象的です。アルクトゥルスや水星とも関わりのある、ハイオクターブで清涼感のあるイメージで、ワークはほぼ半自動で進行します。アルテミスのラベンダーからマゼンタをメインにピンクやクリームホワイトの光が調整を、アポロンのターコイズからネイビーブルーなど青系の光が具体的な施術を担当します。

 

 

私たちの内に存在する男性性と女性性をバランスの取れた状態へと導き、ハイハートやハートシードを含めたハートチャクラ周辺の癒やしと活性、さらには脳など意識レベルにも刺激と活性が起きるため、内なるアンバランスによって生じていた現実面での望ましくないパターンからの脱却などにも有効で、結果、その人らしい創造と表現・行動が促されていくことになります。

 

 

 《*ワーク創設者Amariさんのサイトでのご紹介もぜひ御覧ください→Arganza 

 

 

所要時間:約一時間

 

 

 

モニター料金:16,000円(通常料金18,000円)

 

 

 

→お申し込みは予約のご案内をご確認いただき、お問い合わせフォームからお願いいたします。

 

 

 

*『アポロン&アルテミス™』はアルガンザのAmariさんが創設されたオリジナルワークです。